施設利用の手引き

《1.使用の申し込み》

申込受付時間
開館日の午前9時~午後5時まで使用の申込を受付いたします。
申込方法
申請者が直接来館し、所定の申請書に記入して申し込みをしてください。
なお、印鑑(団体印、代表者印)を持参ください。
申込受付期間
  • ホール:
     使用日が属する月の1年前から使用日の1ヶ月前まで
  • 会議室・視聴覚室・和室・調理実習室:
     使用日が属する月の3ヶ月前から使用日の7日前まで
継続使用期間
  • ホール             :連続3日間(休館日を除く)
  • 会議室・視聴覚室和室・調理実習室:連続7日間(休館日を除く)
休館日・開館時間
  • 休館日:毎週月曜日
    但し、月曜日が国民の祝日に関する法律に規定する休日にあたる場合は、

    • その翌々日
    • 祝日の翌日
    • 年末年始(12月28日~1月4日まで)

  • 開館時間:午前8時30分~午後5時まで
使用時間
  • 全日  :9:00~21:30まで
  • 午前区分:9:00~12:00まで
  • 午後区分:13:00~16:30まで
  • 夜間区分:17:30~21:30まで

使用時間には、準備や後片付けなどに要する時間も含みますので、時間の配分に十分留意して企画を立ててください。

《2.使用料納入》

使用料金
ホール使用料金表・その他施設使用料金表・付属設備使用料金表

※ 使用料には施設使用料と付属設備使用料金があります。
※ 使用料の支払は基本的には使用承認書交付時となります。
キャンセルと変更
使用について変更・取り消し等の場合は直ちに連絡してその指示を受けてください。
いったん納めていただいた使用料は使用者の都合で取り消してもお返しできませんので、ご留意ください。ただし次に掲げる場合は、その全部又は一部をお返しいたします。

(1) 使用者の責に帰さない理由で使用ができなくなったとき(全額)
(2) ホールの使用をその2ヶ月前までに取り消したとき(半額)
(3) ホール以外の施設をその20日前までに取り消した場合(半額)
(4) 上記のほか、特別の事由があると認められたとき(村長が認める額)

《3.使用許可》

使用許可の順序は、申請の順序により行います。
内容によっては使用が許可できない場合、許可を取り消す場合があります。

《4.使用前の準備》

事前打合せ
催し物を円滑に進行させるため、使用方法その他必要事項について、使用日の7日前までに会館職員と打合せしてください。
人員の確保
受付、案内、楽屋の接待、駐車場、入場者の整理の要員は、主催者側で確保してください。
関係官庁への届出
使用者は、行事の内容により関係官公署(警察署、消防署、音楽著作権協会)への届出が必要な場合があります。
駐車場
駐車可能台数は限られており、また周辺公道も駐車が禁止されていますので、できるだけ乗り合いでご来館くださるようご協力ください。

《5.使用にあたって(当日)》

使用時間の厳守と入場者の整理
① 承認された使用時間以外の無断使用は固くお断りいたします。
② 事故防止のため、ホールの収容定員も厳守してください。
③ 開場時間前の入場者の整理は使用者の責任で行ってください。
④ 施設の使用中、必要に応じ整理員をおき、秩序と安全を保持してください。事故等の場合は、主催者側に責任を負っていただきます。
施設等の管理
① 施設、備品等の使用にあたっては、損傷・汚損・紛失等のないようご留意ください。万一損害を生じた場合には賠償していただきます。
② 使用後は清掃を行い、ゴミはお持ちかえりください。
原状回復
使用終了後は施設・設備を元の状態にもどし、職員の点検を受けてください。
事故、盗難について
施設等での事故、盗難については一切責任を負いません。